飲み込みにくいという症状や、胸のつかえという症状は加齢や様々な病気が原因となって起こります。飲み込みにくいという症状や、胸のつかえという症状は、原因となる病気を治せば改善が可能です。飲み込みにくいという症状や、胸のつかえという症状の原因としては、加齢、咽頭炎、カンジダ性食道炎、胃食道逆流症、食道癌、脳卒中などがあります。

■飲み込みにくい、胸のつかえ

食事の時に物が飲み込みにくい、胸がつかえると感じている人は少なくありません。
飲み込みにくいなどの症状が起きるのは、加齢が原因でもありますが、様々な病気が原因となっている場合もあります。
飲み込みにくいという症状は、治療や食べる訓練で改善が可能です。
私達の体では、食べ物が口に入ると脳に食べ物が来るということが伝わります。
すると脳から口や喉の筋肉を動かせという指令が出てきます。
そのために噛んで飲み込むという動作が行えます。
物を飲み込んだ瞬間に息の出入り口が塞がれて食べ物が食道の方へと入っていきます。
食道では筋肉が伸びたり縮んだりする蠕動運動(ぜんどううんどう)が行われて食べ物は胃へと運ばれて行きます。
しかし喉や脳、食道、胃などのどこかに異常があると、年を取って働きが悪くなると上手く食べ物が飲み込めなかったり、胸につかえるという症状が起こってきます。
食べ物を飲み込んだり胃に送り込んだりという一連の動作を嚥下(えんげ)とも言います。

■飲み込みにくい、胸のつかえの原因

 ・加齢
・咽頭炎
・カンジダ性食道炎
・胃食道逆流症
・食道癌
・脳卒中

■胃食道逆流症が飲み込みにくい原因

胃食道逆流症とは、胃液や十二指腸液が逆流して食道の粘膜に炎症が起こる病気です。
さらに炎症が起こると痛みが起こり、炎症を繰り返すと食道が狭くなることがあり、食べ物が胃に運ばれずにどんどん詰まってしまい、飲み込みにくいと感じることがあります。
胃食道逆流症の場合、胸焼け、ゲップ、胸の痛みなどがあり、時には咳などを伴うこともあります。

■食道癌が飲み込みにくい原因

食道癌が食道の通り道を塞ぐために物が通りにくくなり、蠕動運動(ぜんどううんどう)が上手くいかず、飲み込みにくい症状が起きたりします。

■脳卒中が飲み込みにくい原因

脳卒中の場合、頭の部分の飲み込みに関わる部分に異常が起きると、喉の筋肉と神経が麻痺したり、指令が上手く伝わらなくなったりして、飲み込みにくい症状が起きることがあります。

■咽頭炎が飲み込みにくい原因

咽頭炎の場合、咽頭喉頭にかけて炎症が起き、痛みやむくみが起きることによって飲み込みにくいと感じます。

■カンジダ性食道炎が飲み込みにくい原因

カンジダというカビの一種が食道に生えて炎症を起こし、さらには狭くなってくることがあり、飲み込みにくいと感じます。
飲み込む時に胸の奥の痛みを伴うこともあります。
年を取ると免疫力が低下したり、抗癌剤治療によって免疫力が低下したりしてカンジダ性食道炎を発症します。
あるいは胃酸を抑え過ぎても軽度のカンジダ性食道炎が起きることがあります。

■病気を治せば飲み込みにくさも軽減出来る

飲み込みにくいという症状は、きちんと原因となる病気を治せば軽減できます。
胃食道逆流症の場合は、主に胃酸を抑える薬を使って治療をします。
食道癌の場合は、薬、手術、放射線治療などを行います。

■飲み込みにくい症状を良くするポイント

 ・飲み込み時の姿勢
・食べ物の大きさや形

飲み込みにくい症状の原因があきらかではない場合は、生活の中で工夫をします。
食事の際の姿勢は、顎をやや引き気味にして飲み込むと飲み込みやすくなります。
食べ物の大きさは1cm以下ぐらいに小さくしてから調理したり、噛んだりして飲み込みます。
とろみ剤などを加えると飲み込みやすくなります。

フロアベッド シングルJointLongフレームのみフレームカラー:ホワイト 棚照明コンセント付ロング丈連結ベッドJointLongジョイ送料無料 長身用高身長用のローベッド 長身ベット シングルサイズ